Place and see

場所を追加

ログイン

アイルランドアイルランド

地図ホテル

アイルランド

- アイルランド、またはアイルランド共和国(アイルランドきょうわこく)は、北西ヨーロッパ、北大西洋のアイルランド島の大部分を領土とする立憲共和制国家。首都はダブリン。 2005年、『エコノミスト』の調査では最も住みやすい国に選出されている。

1 - 24 見どころ

F
アラン諸島
アラン諸島
Ourtnagapple
アラン諸島(、)は、アイルランド島の西、ゴールウェイ湾に浮かぶ島々。アラン島と呼ばれることも多い。アラン諸島は3つの島からなり、西側から、(、)、(、)、(、)と呼ばれる。アイルランド語でÁrannの意味は「長い山々」の意味で、現在の島の名前にあるInisは「島」の意味である。また、Mór、Meáin、Oírrはそれぞれ「大きな」「真ん中」「東」の意味がある。これらのアラン諸島は石灰質の岩盤だけで出来た島群である。 主要産業はジャガイモなどの農業と漁業で、手編みのアランセーター(フィッシャーマンセーター)()も有名である。 アラン諸島は主に岩盤で出来ており、強風が吹きつける。そのための農業は、土が風で飛ばされないように畑を石垣で囲み、更に岩盤を槌で砕いて海藻を混ぜ合わせ、その下に粘土を敷き詰めて土をつくることから始まった。こうした石垣で仕切られた畑は格子を意味する「トレリス」(Trellis)と呼ばれ、アランセーターにもトレリスと呼ばれる網目模様がある。 観光客も訪れる。交通手段としては、首都ダブリンからバス又は鉄道でまずゴールウェイへ。さらにバスに乗り換えてロッサヴィール(Rossa…
wikipedia/%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%B3%E8%AB%B8%E5%B3%B6
H
クライストチャーチ大聖堂
クライストチャーチ大聖堂
ダブリン
ダブリンのクライストチャーチ大聖堂(Christ Church Cathedral。聖三位一体大聖堂、一般的にはクライストチャーチとして知られ、ダブリンおよびグレンダーロッホ連合主教区大聖堂、そしてダブリンおよびキャセル連合大主教管区の大主教座聖堂、つまり南部大教区の大主教座聖堂)は、キリスト教の大聖堂である。ダブリンに2つある中世の大聖堂のうちの古いほうで、もう一方は聖パトリック大聖堂 () である。 正式にはアイルランド国教会とローマ・カトリック双方の主教座(司教座)ということになっていたが、カトリックは宗教改革以降はこの大聖堂に司教座を置くことができなくなっており、実際のダブリン大司教座は別のところ(ダブリンのマールボロ通りにある聖マリア臨時司教座聖堂)を臨時司教座聖堂 () に置かれている。そのため宗教改革以降はアイルランド国教会のダブリン大主教座のみが置かれ、カトリックの司教座は締め出された形となっている。 クライストチャーチ大聖堂は中世のダブリンにおける初期の中心地、ウッドクウェー () の隣、デームストリート(。名前は我らがマリア様〈Our Lady〉を表すノルマンフレン…
wikipedia/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%81%E5%A4%A7%E8%81%96%E5%A0%82_(%E3%83%80%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%B3)
写真提供:Flickr所有者の著作権の下にある

訪問する場所: で

日本語