Place and see

場所を追加

ログイン

デンマーク王国デンマーク王国

地図ホテル

デンマーク

- デンマーク(Danish: Danmark, Danish: [ˈdænmɑrɡ̊])は、北ヨーロッパに位置し、バルト海と北海に挟まれたユトランド半島およびその周辺の多くの島々からなる立憲君主制国家。 北欧諸国の1つであり、北では海を挟んでスカンディナヴィア諸国、南では陸上でドイツと国境を接する。首都のコペンハーゲンはシェラン島に位置している。海外領土でない領土を大陸部分に領有しながら首都が島嶼に存在する数少ない国家の一つである(他には赤道ギニアのみ)。 自治権を有するグリーンランドとフェロー諸島と共にデンマーク王国を構成している。 ノルディックモデルの高福祉高負担国家であり、市民の生活満足度は高く、2014年の国連世界幸福度報告では第1位であった。

1 - 24 見どころ

D
コペンハーゲン空港
コペンハーゲン空港
Maglebylille
コペンハーゲン空港(コペンハーゲンくうこう、Danish: Københavns Lufthavn, Kastrup、)は、デンマーク王国の首都コペンハーゲン近郊の町にある空港。 コペンハーゲンの中心部からは南東に8キロメートル、アマー島内に位置する。 もともとは所在地の地名から空港と名付けられた。同じくコペンハーゲン郊外にあるロスキレ空港()と区別するために、現在でもカストルプ空港と呼ばれることが多い。 コペンハーゲン周辺や対岸スウェーデンのマルメなどを含むエーレスン地域へのアクセス空港であるとともに、ヨーロッパのハブ空港の1つである。年間で約2千万人の旅客を扱い(北欧諸国では1位、ヨーロッパ内でも16位の旅客数、2009年現在)、その大多数は国際線の旅客である。 スウェーデンのストックホルム-アーランダ空港やノルウェーのオスロ空港と並んで、スカンジナビア航空(SAS)の拠点空港であり、長距離国際線の大部分はコペンハーゲン発着となっている。日本へも直行便が就航している。 コペンハーゲン空港およびロスキレ空港は、半官半民のコペンハーゲン空港会社()が運営している。株式の5割強をオースト…
wikipedia/%E3%82%B3%E3%83%9A%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%B3%E7%A9%BA%E6%B8%AF
F
ニイ・カールスベルグ・グリプトテク美術館
ニイ・カールスベルグ・グリプトテク美術館
コペンハーゲン
ニイ・カールスベルグ・グリプトテク美術館(デンマーク語: Ny Carlsberg Glyptotek)は、デンマークの首都コペンハーゲンにある美術館の名称。ニュー・カールスバーグ美術館とも。収蔵品はカールスバーグ社の創始者J. C. ヤコブセン(1811年生、1887年没)の息子、カール・ヤコブセン(1842年生、1914年没)の私的なコレクションが中心である。カール・ヤコブセンは父の経営に反発してニイ・カールスベルグ(ニュー・カールスバーグ)という別会社を創始しており、両社は1906年に再度合同するものの、美術館にはいまもなお「ニイ・カールスベルグ」の名が付けられている。 グリプトテーク(「彫刻陳列館」)の名の通り、最初は古代以来の彫刻作品がコレクションの中心だったが、次第に絵画や版画などへも収集分野を広げていった。美術館のコレクションにはエジプトやローマ、ギリシャなど古典古代のアンティークを始め、ロマン派の彫刻や絵画、デンマーク黄金時代の作品も含まれている。美術館にはエトルリアのコレクションもあり、イタリア外における大規模なものの1つである。 美術館にはクロード・モネ、カミーユ・…
wikipedia/%E3%83%8B%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%97%E3%83%88%E3%83%86%E3%82%AF%E7%BE%8E%E8%A1%93%E9%A4%A8
写真提供:Flickr所有者の著作権の下にある

訪問する場所: で

日本語