Place and see

場所を追加

ログイン

フィンランド共和国フィンランド共和国

地図ホテル

フィンランド

- フィンランド共和国(フィンランドきょうわこく、Finnish: Suomen tasavalta、Swedish: Republiken Finland)、通称フィンランドは、北ヨーロッパに位置する共和制国家。北欧諸国のひとつであり、西はスウェーデン、北はノルウェー、東はロシアと隣接し、南はフィンランド湾を挟んでエストニアが位置している。 首都ヘルシンキは露仏同盟以来、ロシアの主要都市であるサンクトペテルブルク方面へ西側諸国が投資や往来をするための前線基地となってきた。同じく直近の旧領ヴィボルグはサイマー運河の出口であったが、現在はロシア領で、ノルド・ストリームの経由地となっている。ロシアと欧州諸国の間にある地政学的な重要性から、たびたび勢力争いの舞台や戦場になってきた。 中立的外交の裏では、外交・安全保障やエネルギー政策を巡り東西の綱引きが行われている。国内には原子力発電所があり、オンカロ処分場が2020年に開設されれば世界初の使用済み核燃料の最終処分場となる。情報産業も政治と関係しており、公職経歴者が民間企業の幹部になる例として、エスコ・アホという首相経験者がノキア取締役を務めてい…

1 - 24 見どころ

D
ヘルシンキ・オリンピックスタジアム
ヘルシンキ・オリンピックスタジアム
ヘルシンキ
ヘルシンキ・オリンピックスタジアム(Helsinki Olympic Stadium Finnish: Helsingin olympiastadion)は、フィンランド・ヘルシンキにある陸上競技場、およびフィンランド最大のスタジアムである。その名の通り、1952年に開催されたヘルシンキオリンピックのメイン・スタジアムだった。一部は木造の仮建築で増設されたともいわれる。 なお、開催を返上した東京に代わる1940年のヘルシンキオリンピックでもメイン競技場として使用する予定だったが、第二次世界大戦のため大会自体が中止に追い込まれた。1983年と2005年の世界陸上競技選手権大会の会場にもなっており、サッカーフィンランド代表の主な試合会場にもなっている。 1934年から起工し、1938年に完成した。1990年から94年にかけて全面的に近代化され、さらに2005年の世界陸上の直前に改修された。収容人数は、ヘルシンキオリンピック当時7万人だったが、現在は40,600人収容となっている。 スタジアムの傍には、高さ72mのタワーがあり、ヘルシンキ市街を一望できる観光スポットとなっている。
wikipedia/%E3%83%98%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%83%A0
L
テンペリアウキオ教会
テンペリアウキオ教会
ヘルシンキ
テンペリアウキオ教会(テンペリアウキオきょうかい、Finnish: Temppeliaukion kirkko)は、フィンランドのヘルシンキ市・トーロにある、フィンランド福音ルター派教会に属しているキリスト教会である。ティモ・スオマライネン () とトゥオモ・スオマライネン () の兄弟によって設計され、1969年に完成した。岩の教会とも呼ばれる。 テンペリアウキオ地区に教会を造る計画は1930年代から存在し、ヘルシンキ工科大学の設計を担当したヨハン・シレンの設計案に沿って建設される予定であった。しかし、第二次世界大戦が勃発し、計画は中断された。終戦後の1961年に改めてデザイン・コンペが開かれ、スオマライネン兄弟による設計案が採用されることとなった。予算の都合上、当初のプランの4分の1の大きさに縮小されてしまったものの、1968年2月に建設が完了し、1969年9月には礼拝堂の聖別が執り行われた。 教会は大岩をくりぬいた中に造られているが、上部側面にガラスがはめ込まれており、自然光が入り込むようになっていて明るい。教会内壁はくりぬいた岩盤がそのまま使われていて音響効果が優れており、しば…
wikipedia/%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%82%AD%E3%82%AA%E6%95%99%E4%BC%9A
V
アイノラ
アイノラ
Kaakkola
アイノラ(Ainola)は、フィンランドの作曲家ジャン・シベリウスとその妻アイノが家族とともに1904年の秋から1972年まで暮らした家。名称は「アイノの居場所」という意味である。建屋は1974年から博物館として一般に公開されている。アイノラはフィンランドの首都、ヘルシンキから北に離れたヤルヴェンパーのトゥースラ湖の眺めの良い岸辺に建てられている。設計を担ったのは著名な建築家のラルス・ソンクである。シベリウスがソンクへ頼んだのは湖への眺望を確保すること、ダイニングに緑色の暖炉を設置することの2点だけだった。シベリウスが室内で作曲中に気が散ることを嫌ったため、水道管は彼の生前には敷設されなかった。 首都の喧騒から離れたアイノラは、シベリウスが創作に乗り出す際に必要とした平穏をもたらした。彼の伝記作家であるエリック・タヴァッシェルナは次のように記している。「シベリウスがはじめてヘルシンキを離れた頃は、ヤルヴェンパーは大部分が手つかずの田舎だった。子馬や羊が家への道をほとんど探るようにして進み、ときおりヘラジカが堂々たる立ち姿を見せていた。」近所には他にも芸術家の家族が複数住んでおり、シベリ…
wikipedia/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%8E%E3%83%A9
X
ストックマン・ヘルシンキ百貨店
ストックマン・ヘルシンキ百貨店
ヘルシンキ
ストックマン・ヘルシンキ百貨店(Finnish: Stockmannin Helsingin keskustan tavaratalo)はフィンランドのヘルシンキの中心地にある、文化的に重要な商業施設、百貨店。ストックマン百貨店の本店であり、北ヨーロッパにおける百貨店の間では面積と売上高が1位となっている。世界中で知られている高級ブランドのほとんどがこの百貨店に出店しており、フィンランドの主要なハイエンド百貨店として知られている。地下にある「ストックマンニン・ヘルック」()は食品と飲料の階であり、その品質と品揃えの良さで知られている。ストックマンのロゴはエスカレーターを表しており、ストックマン百貨店のエスカレーターがフィンランド初のエスカレーターだという、一般的な、ただし誤った印象を与えている。フィンランド初のエスカレーターは1926年にトゥルクのフォルム百貨店()に取り付けられたものである。 2002年時点ではストックマン・ヘルシンキ百貨店が全ヨーロッパ6位の百貨店であり、面積が40,500平方メートルで年売上が3.93億ユーロとなっている。 とりわけ入り口の時計は日常会話で「ストッ…
wikipedia/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%98%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%AD%E7%99%BE%E8%B2%A8%E5%BA%97
写真提供:Flickr所有者の著作権の下にある

訪問する場所: で

日本語