Place and see

場所を追加

ログイン

シリア・アラブ共和国シリア・アラブ共和国

地図ホテル

シリア

- シリア・アラブ共和国(シリア・アラブきょうわこく、)、通称シリアは、中東・西アジアの共和制国家。北にトルコ、東にイラク、南にヨルダン、西にレバノン、南西にイスラエルと国境を接し、北西は東地中海に面する。首都はダマスカス。「シリア」という言葉は、国境を持つ国家ではなく、周辺のレバノンやパレスチナを含めた地域(歴史的シリア、大シリア、ローマ帝国のシリア属州)を指すこともある。

1 - 24 見どころ

B
ドゥラ・エウロポス
ドゥラ・エウロポス
Quşūr Umm Sābā
(34°45' 40°44') ドゥラ・エウロポス(Dura-Europos、「エウロポスの砦」)は、ヘレニズム時代からパルティアおよびローマ帝国の支配下の時代にかけて繁栄した古代都市。その遺跡は現在のシリア東部、イラクとの国境付近にあり、ユーフラテス川右岸(南岸)の高い断崖上の平地に位置する。 ドゥラ・エウロポスはセレウコス朝が築き、後にパルティアに征服され大きな町となった。116年にトラヤヌス帝の遠征でローマ帝国に編入され、一時はパルティアが奪還したが、164年にルキウス・ウェルスの遠征で再度ローマ領となった。2世紀後半から3世紀にかけてはローマの東部国境の軍事拠点としてきわめて重要な植民都市になった。しかし3世紀前半にサーサーン朝によってパルティアが倒れローマを圧迫するようになり、257年にはシャープール1世の遠征で陥落し、以後廃墟のまま放棄された。 20世紀前半にドゥラ・エウロポスの発掘が始まり、考古学的に重要な発見が次々になされた。256年から257年にかけてのサーサーン朝による征服で放棄されて以降、ドゥラ・エウロポスには建物などが建てられることはなかったため、後世の住居や要…
wikipedia/%E3%83%89%E3%82%A5%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%82%A6%E3%83%AD%E3%83%9D%E3%82%B9
写真提供:Flickr所有者の著作権の下にある

訪問する場所: で

日本語