Place and see

場所を追加

ログイン

アルゼンチン共和国アルゼンチン共和国

地図ホテル

アルゼンチン

- アルゼンチン共和国(アルゼンチンきょうわこく、Spanish: República Argentina)、通称アルゼンチンは、南アメリカ南部に位置する連邦共和制国家である。西と南にチリ、北にボリビア・パラグアイ、北東にブラジル・ウルグアイと国境を接し、東と南は大西洋に面する。ラテンアメリカではブラジルに次いで2番目に領土が大きく、世界全体でも第8位の領土面積を擁する。首都はブエノスアイレス。 チリとともに南アメリカ最南端に位置し、国土の全域がコーノ・スールの域内に収まる。国土南端のフエゴ島には世界最南端の都市ウシュアイアが存在する。アルゼンチンはイギリスが実効支配するマルビナス諸島(英語ではフォークランド諸島)の領有権を主張している。また、チリ・イギリスと同様に南極の一部に対して領有権を主張しており、アルゼンチン領南極として知られる。 2005年と2010年に債務額を大幅にカットする形で債務交換を強行し、9割以上の債務を再編した。これはアメリカ合衆国との国際問題に発展した。

1 - 24 見どころ

G
ロス・アレルセス国立公園
ロス・アレルセス国立公園
ロス・アレルセス国立公園()は、アルゼンチン、パタゴニア地方のチュブ州のアンデス山脈内に位置する国立公園である。公園は、マプチェ族からラウアン(lahuán)と呼ばれるパタゴニアヒバの森林と、その他のパタゴニアアンデスの植物相を保護することを目的として、1937年に設立された。2017年にはユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されている。 公園の西側の境界はチリとの国境と一致している。公園内に連なって存在する氷河が、モレーン、カール、澄んだ湖などの、この地域における特徴的な景観を作り出している。植生は温帯林の深い森が支配的であるものの、岩場の多いアンデス山脈の高地では草地に取って代わられている。 公園内における非常に独特で象徴的な存在は、パタゴニアヒバ(Alerce)の森林である。世界的に絶滅の危機に瀕しているパタゴニアヒバは、世界で2番目に長い寿命(3,600年以上)を持つ樹種である。 公園内のパタゴニアヒバの森林は非常に優れた保存状態にある。この特性は、ほとんど手付かずの状態で残る最後の地域の一つとなっているパタゴニアの森林地帯の保護にとって極めて重要であり、動植物の固有種および絶…
wikipedia/%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%82%B9%E5%9B%BD%E7%AB%8B%E5%85%AC%E5%9C%92
写真提供:Flickr所有者の著作権の下にある

訪問する場所: で

日本語