Place and see

場所を追加

ログイン

インドインド

地図ホテル

インド

- インド共和国(ヒンディー語: 、英語: )、またはインド連邦共和国(インドれんぽうきょうわこく)は、南アジアに位置し、インド亜大陸の大半を領してインド洋に面する連邦共和制国家。首都はニューデリーまたはデリー、最大都市はムンバイ。 西から時計回りにパキスタン、中華人民共和国、ネパール、ブータン、ミャンマー、バングラデシュと国境を接する。海を挟んでインド本土がスリランカやモルディブと、アンダマン諸島がインドネシアに近接している。インド本土は、インド洋のうち西のアラビア海と東のベンガル湾という2つの海湾に挟まれて、北東部をガンジス川が流れている。 1947年にイギリスから独立。インダス文明に遡る古い歴史、世界第二位の人口を持つ。国花は蓮、国樹は印度菩提樹、国獣はベンガルトラ、国鳥はインドクジャク、国の遺産動物はインドゾウである。 国の遺産動物インドゾウ国鳥インドクジャク国樹印度菩提樹国花蓮国獣ベンガルトラ国の海洋哺乳類ガンジスカワイルカ国の爬虫類キングコブラ国の遺産哺乳類ハヌマンラングール国果マンゴー国の象徴の寺アークシャルダーム寺院国の象徴の川ガンジス川国の象徴の山ナンダ・デヴィ

1 - 24 見どころ

D
インド門
インド門
Fort
ムンバイのインド門(インドもん、、)とは、イギリス領インド帝国の時代にインドのムンバイ(旧ボンベイ)に建てられた記念建造物である。南ムンバイアポロ・バンダルのアラビア海を臨む海岸地区に位置する。この建物は高さの玄武岩のアーチであり、ムンバイ港海岸線沿いのチャトラパティ・シヴァージー・マーグの終端に位置する。この場所は漁村で使われた粗末な桟橋であったが、後に改装されてイギリス人総督や他の著名人の上陸地として使用された。昔は、船でムンバイに到着する旅行者が最初に目にする建造物であった。インド門はムンバイのタージ・マハルとも称され、市内で一番の観光地である。 この建物は、ジョージ5世とメアリー王妃が1911年に訪れたとき、アポロ・バンダルに上陸したことを記念して建立された。インド・サラセン様式で建設され、礎石は1911年3月31日に敷かれた。ジョージ・ウィテットの最終設計は1914年に認可され、この記念建造物の建設は1924年に完了した。インド門は後に副王およびボンベイ知事のインドへの儀式的入口となり、インドへの入国を許可する役割を果たした。 この歴史的建造物は、21世紀はじめから3回のテロ…
wikipedia/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E9%96%80_(%E3%83%A0%E3%83%B3%E3%83%90%E3%82%A4)
I
ハウラー橋
ハウラー橋
コルカタ
ハウラー橋(、またはラビンドラ・セトゥ:)はインドの西ベンガル州を流れるフグリー川にかかる橋である。ハウラーとコルカタを結んでいる。なお橋のハウラー側にインド国鉄の重要なターミナル、が位置する。 ハウラー橋は1937年から1943年にかけて建設された。建設当時から「世界で最も往来の激しい橋」と呼ばれていたが、現在に至っても同様に言われる場合が多い。毎日、コルカタの車両交通がこの橋に集中するため渋滞が慢性化しており、通過だけで1~2時間かかることもあるという。1992年に渋滞対策のため「第2フグリー橋」(英語:Vidyasagar Setu)が造られたが、そちらは有料であるため、やはり従来どおりハウラー橋を利用する者が多く、渋滞はなかなか解消されない。個人で川を渡る場合は、ハウラー橋の横を渡し舟(フェリー)が頻繁に行き来しているので、それを利用するのもひとつの方法である。 長さ705m、高さは97mのカンチレバートラス橋であり、材質は鋼鉄であるがナット、ボルトを使わずすべてリベットで組み立てられている。フグリー川の流れを妨げないよう、川の中間に橋脚を設けておらず、両岸から支えているのが特…
wikipedia/%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%83%A9%E3%83%BC%E6%A9%8B
写真提供:Flickr所有者の著作権の下にある

訪問する場所: で

日本語